坐骨神経痛のタイプ

坐骨神経痛の治療には、薬やコルセット、神経ブロック療法、理学療法などに併せて、日常生活で行なえる体操やストレッチも行なっていくため、自分がどのタイプの坐骨神経痛なのかを知って適切な自己管理をすることで、痛みを改善していくことができるのです。

スポンサードリンク

坐骨神経痛は、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアの病気の症状のひとつとしてあらわれることが多く、そのため狭窄型坐骨神経痛、ヘルニア型坐骨神経痛、合併方坐骨神経痛と3つのタイプに分類することができます。

お尻や足に痛みやしびれが続き、坐骨神経痛であると自己判断できたら、次にどのタイプの坐骨神経痛なのかチェックしてみましょう。

まず、平らな床の上に立ち、上半身を前後に倒してみて、どこで痛みやしびれが起こるかで判断します。
上半身を後ろにそらしたときに痛みやしびれが強くなる人は、狭窄型坐骨神経痛です。
逆に上半身を前に倒したときに痛みやしびれが強くなる人は、ヘルニア型坐骨神経痛になります。
上半身を前に倒しても後ろにそらしても痛みが増すという人は、狭窄症とヘルニアを併発した合併型坐骨神経痛と考えられます。

合併型のように、痛みがひどくて前にも後ろにも倒せない場合は脊椎の疾患が悪化している可能性もあるため、早めに整形外科を受診されたほうがよいと思います。

このように坐骨神経痛のタイプを判断する際は、布団やベッドのようにやわらかい場所で行なうと、体がバランスを取ろうとして脊椎に余計な力がかかり、正確な判断が出来ないことがあります。
かならず、体が安定する平らな場所で行なってくださいね。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

自己判断で知る坐骨神経痛
最近、腰が痛いと思ったらお尻や足の痛み、しびれなどが出てきたけれど、これはもしや......
高齢者に多い狭窄型の坐骨神経痛
「近頃、腰や足が痛むなぁ」「年のせいかなぁ」と感じている人も多いかと思います。 ......
間欠跛行とは?
間欠跛行とは聞きなれない言葉だと思いますが、どんな状態を言うのでしょうか。 坐骨......
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアは20~30代の若い世代によく見られます。 お尻や足に不快なし......
バージャー病
バージャー病という病名は、あまり聞き慣れない名前かもしれません。 この病気も閉塞......
坐骨神経痛って?
人間は中高年になると骨や筋肉、関節などからだを支えているあちこちの部分が衰え始め......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。