高齢者に多い狭窄型の坐骨神経痛

「近頃、腰や足が痛むなぁ」「年のせいかなぁ」と感じている人も多いかと思います。
確かに坐骨神経痛に限らず、年齢を重ねるとからだのあちこちにガタが来て、痛みを伴ったり疲労感が抜けなったり力が入らなかったりと、不調があらわれてきますね。

スポンサードリンク

年齢を重ねることによって脊柱管の骨がもろくなったり、その周りにある靱帯が厚くなったり、椎間板の水分が減って薄くなったりして脊柱管が変形しやすくなります。
そのため坐骨神経痛の原因のひとつである腰部脊柱管狭窄症も、50歳以上の人に多い疾患と言われています。
お年寄りを見ていると、背中が丸くなっている人が多いですが、これも、脊柱管の老化や狭窄症が原因のひとつとなっています。
しかし、生まれつきに脊柱管が狭い人もいて、この場合は加齢による脊椎の変形が起こりやすく靱帯は厚くなりやすいため、30代でも腰部脊柱管狭窄症にかかりやすくなります。

ただし腰部脊柱管狭窄症の症状が見られるからと言って、必ずしも坐骨神経痛などの痛みやしびれが起こるわけではありません。
脊柱管の変形が進み、脊柱管の中を通る脊髄や神経根を圧迫して炎症を来たすと、坐骨神経痛などの痛みを招くようになるのです。

坐骨神経痛の原因が腰部脊柱管狭窄症である場合、体操やストレッチで痛みやしびれの症状が改善されるのですが、高齢者は筋肉の働きが弱く骨がもろくなっていることもありますので、無理に運動を行なうと症状が悪化してしまうこともあります。
何ごとも無理は禁物ですので適切なストレッチ方法の指導を受け、効果を1週間ごとに確認しながら進めてくださいね。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

自己判断で知る坐骨神経痛
最近、腰が痛いと思ったらお尻や足の痛み、しびれなどが出てきたけれど、これはもしや......
坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛の治療には、薬やコルセット、神経ブロック療法、理学療法などに併せて、日......
間欠跛行とは?
間欠跛行とは聞きなれない言葉だと思いますが、どんな状態を言うのでしょうか。 坐骨......
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアは20~30代の若い世代によく見られます。 お尻や足に不快なし......
バージャー病
バージャー病という病名は、あまり聞き慣れない名前かもしれません。 この病気も閉塞......
坐骨神経痛って?
人間は中高年になると骨や筋肉、関節などからだを支えているあちこちの部分が衰え始め......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。