間欠跛行とは?

間欠跛行とは聞きなれない言葉だと思いますが、どんな状態を言うのでしょうか。

スポンサードリンク

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、腰部脊柱管狭窄症か腰椎椎間板ヘルニアであることが多いのです。
また坐骨神経痛の特徴として、軽症であればお尻や太もも、足の痛みやしびれを感じる程度ですが、重症になってくると、間欠跛行と言って歩いている途中に足の痛みやしびれが強くなって歩けなくなるという症状が出てきます。

数分、あるいは数百メートルを歩くと足のしびれや痛みが増してきて、歩けなくなってしまう症状を間欠跛行と呼ぶのですが、しばらく休むことで痛みが治まり、再び歩くことができるようになります。
狭窄症が原因の坐骨神経痛の場合、しゃがみこんだり椅子に座ったりすると上体が前かがみになり、脊柱管の狭窄が緩んで神経への圧迫が弱まるため、血流が回復して痛みやしびれがやわらぐのです。
痛みが治まり再び歩き始めると、しばらくしてまた痛みやしびれが襲ってきて歩けなくなります。
間欠跛行ではこの症状を繰り返します。
悪化してくると、歩ける時間、距離が短くなってきます。

乳母車を押したり歩行器を利用すると前傾姿勢になるので、坐骨神経痛の症状があらわれにくくなります。
また自転車に乗る姿勢も前かがみになるため、普通に歩く場合に比べて症状が出にくいです。

坐骨神経痛はよく知られているわりには、その原因や痛みの起こるメカニズムがあまりきちんと理解されていない病気です。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

自己判断で知る坐骨神経痛
最近、腰が痛いと思ったらお尻や足の痛み、しびれなどが出てきたけれど、これはもしや......
坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛の治療には、薬やコルセット、神経ブロック療法、理学療法などに併せて、日......
高齢者に多い狭窄型の坐骨神経痛
「近頃、腰や足が痛むなぁ」「年のせいかなぁ」と感じている人も多いかと思います。 ......
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアは20~30代の若い世代によく見られます。 お尻や足に不快なし......
バージャー病
バージャー病という病名は、あまり聞き慣れない名前かもしれません。 この病気も閉塞......
坐骨神経痛って?
人間は中高年になると骨や筋肉、関節などからだを支えているあちこちの部分が衰え始め......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。