坐骨神経痛の治療 牽引療法

坐骨神経痛などの場合は、普段の生活の中で姿勢や動作に気をつけ、運動やストレッチを取り入れるたりすることで、自己管理でも症状が改善されます。
治療も、即手術ということは少なく、保存療法がとられる場合が多いのです。

スポンサードリンク

腰の痛みや足のしびれなど、坐骨神経痛や腰痛はその症状でじわじわとその人の生活を脅かします。
始めは「この程度なら大丈夫」と軽く考えていても、その痛みの原因を無視し続けることで症状が悪化し、普段の生活や仕事にまで支障をきたすことになりかねません。
何かからだの様子がおかしい、と気付いたり、無理がかかっているな、と感じたら、早めに病院を受診したりからだに負担をかけない生活を見直すべきでしょう。

保存療法にも薬物療法や運動療法、温熱療法などいろいろとありますが、ここでは牽引療法についてお話したいと思います。
牽引療法というと、あまり聞きなれないかもしれませんね。
「どこをどう引っ張るの?」とちょっと不安な気もしますが、治療のひとつですから何もこわいことはありません。
特に腰痛を合併している坐骨神経痛では効果が期待できる方法です。

具体的な方法は、腰の骨盤の位置にベルトをかけて足の方向に引っ張ります。
こうすることで腰椎を引き伸ばし、筋肉の緊張をほぐして腰や下肢の痛みをやわらげます。
体重の半分の重さを上限として、20~30kgの力で牽引しては休む、を繰り返します。
入院して牽引治療を行なう場合は、4から10kgの重さで長時間持続して牽引します。

保存療法の場合、その効果に個人差があらわれやすいのも事実です。
しかし、効果がなかなかあらわれないからと言って、自己流で試すのは危険なこともあります。
必ずお医者さんや理学療法士の指示に従って進めましょう。
その上で不安な点は迷わずに相談してください。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

坐骨神経痛の治療 装具療法
坐骨神経痛の原因が腰部脊柱管狭窄症であった場合は、治療によって坐骨神経痛が改善さ......
坐骨神経痛の治療 温熱療法
腰痛や坐骨神経痛は日常生活と密接な関わりがあるため、普段の暮らしの過ごし方に、よ......
ヘルニア型坐骨神経痛での禁止事項
お尻や足の痛み、しびれを感じるとき、まず坐骨神経痛を疑いますが、何が原因で坐骨神......
合併型の坐骨神経痛の場合
慢性的な腰の痛みや不快感に日々悩まされていても、少し休むと痛みが治り、まだ生活に......
神経ブロック療法
坐骨神経痛は地味に、しかし確実に多くの人の生活をおびやかしています。いろいろなサ......
神経ブロックの種類
何か外科的な手術を行なうとき、手術中の痛みから解放させるために麻酔をかけますよね......
腰椎椎間板ヘルニアの保存療法について
坐骨神経痛の治療には主に手術以外の方法である保存療法が行なわれます。 特に腰椎椎......
補完代替療法とは?
まずこの痛みを取り除きたい、坐骨神経痛に悩む人の望みは、それに尽きるでしょう。 ......
坐骨神経痛に使われる薬の種類
通常、坐骨神経痛は、保存療法で治療を進めながら経過を観察していきます。 保存療法......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。