体操とストレッチ(ヘルニア型の場合)

坐骨神経痛の原因として多いものに、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあります。
どちらの場合もストレッチや体操などの自己管理によって痛みやしびれが軽減されるのですが、どんなストレッチを行なっても効果があるわけではありません。
また原因の違いによって効果的な体操の行ない方も異なってきます。

スポンサードリンク

ここでは、ヘルニア型の坐骨神経痛に効果的な体操とストレッチを紹介します。

●壁押し体操
 壁に向かって立ち、両足を前後に大きく開きます。
 壁を両腕で押しながら、少しずつ腰をそらす体操です。
 10回を目安に行ないます。

●うつ伏せ体操
 うつ伏せになってお腹を床につけ、肘を曲げて上体をそらします。
 肘をゆっくりと伸ばし、上半身を起こしていきます。
 腕が伸びきるまで上体をそらす体操を、10回程行ないます。

●股関節のストレッチ
 床に片膝を立てて、もう一方の膝を後ろにつきます。
 そのまま膝を立てた方の足に体重をかけながら、ゆっくりと腰を伸ばしてからだを下方向に落としていきます。
 左右の足を替えて10回ずつ行ないます。

仕事の休憩時間や、寝る前の習慣にするなど、毎日続けて行なってみてください。
体操やストレッチの効果は1週間ごとに確かめるようにしてください。
痛みやしびれが増すような場合は、すぐにお医者さんに相談してください。

よかれと思ってしていた体操が、実は間違っていて坐骨神経痛の症状をさらに悪化させてしまっては大変です。
自分の痛みの原因を把握して、効果的な体操を行ないましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

体操とストレッチ(狭窄型の場合)
私たちは痛みを感じると自然に、痛みがやわらぐような動きをして対処しているものです......
正しい姿勢で痛みは予防できる
高齢化社会を迎え、医療費を節約しなければならない現代、そうした世相も反映してか、......
家事で正しい姿勢を保つには
仕事で長時間同じ姿勢を強いられている人もいるでしょうし、家庭の主婦も何かと中腰の......
しびれの症状と予防
しびれというのは多くの人が経験したことのある感覚だと思います。 坐骨神経痛の症状......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。