合併型の坐骨神経痛の場合

慢性的な腰の痛みや不快感に日々悩まされていても、少し休むと痛みが治り、まだ生活に支障はないからと、我慢を続けるのはよくありません。

スポンサードリンク

坐骨神経痛のおもな原因として、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがありますが、まれに、このどちらもが併発している場合もあるのです。
普通、狭窄症が原因の場合は上体を後ろにそらすと下肢の痛みが増し、ヘルニアが原因の場合は前屈姿勢で痛みが増します。
上体を後ろにそらしても前に倒してもお尻や下肢の痛み、しびれが増す場合、狭窄症と椎間板ヘルニアが同時に起こっていることも考えられるのです。
腰部の脊柱管が狭窄しているところに同時に腰椎椎間板ヘルニアが起きてしまうと、飛び出したヘルニアと変形した脊柱管や厚くなった靱帯が神経根を挟んで圧迫します。
狭窄とヘルニアの両方によって神経根が圧迫されるため、考えただけでもその症状の重さが想像つきますよね。

この両方を合併している場合は背中がこわばって腰を曲げることが困難になり、歩行障害を起こすことがあります。
日常生活の中では長い時間、立ち続けることはもちろん、中腰の姿勢や後屈姿勢も避けるようにしなければなりません。
また合併型の坐骨神経痛では早いうちに手術が検討されます。
他の坐骨神経痛と違い、保存両方では症状がなかなかよくならないことが多いからです。
手術では、脊柱管を広げ、飛び出したヘルニアを取り除きます。
すると坐骨神経痛の症状は軽減されます。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

坐骨神経痛の治療 装具療法
坐骨神経痛の原因が腰部脊柱管狭窄症であった場合は、治療によって坐骨神経痛が改善さ......
坐骨神経痛の治療 温熱療法
腰痛や坐骨神経痛は日常生活と密接な関わりがあるため、普段の暮らしの過ごし方に、よ......
坐骨神経痛の治療 牽引療法
坐骨神経痛などの場合は、普段の生活の中で姿勢や動作に気をつけ、運動やストレッチを......
ヘルニア型坐骨神経痛での禁止事項
お尻や足の痛み、しびれを感じるとき、まず坐骨神経痛を疑いますが、何が原因で坐骨神......
神経ブロック療法
坐骨神経痛は地味に、しかし確実に多くの人の生活をおびやかしています。いろいろなサ......
神経ブロックの種類
何か外科的な手術を行なうとき、手術中の痛みから解放させるために麻酔をかけますよね......
腰椎椎間板ヘルニアの保存療法について
坐骨神経痛の治療には主に手術以外の方法である保存療法が行なわれます。 特に腰椎椎......
補完代替療法とは?
まずこの痛みを取り除きたい、坐骨神経痛に悩む人の望みは、それに尽きるでしょう。 ......
坐骨神経痛に使われる薬の種類
通常、坐骨神経痛は、保存療法で治療を進めながら経過を観察していきます。 保存療法......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。