手術を選択する場合

坐骨神経痛の原因として腰部脊柱管狭窄症が挙げられるのですが、これ自体は悪化しても命までもがおびやかされることはまずありません。
そのため、ほとんどの場合はいきなり手術を行なうことはせずに保存療法で治療を進めることになります。

スポンサードリンク

では、実際には、どのような場合に手術を行なうのでしょうか。
まず、保存療法では症状がなかなか改善されず、仕事や普段の作業が行なえないなど日常生活に支障をきたすようになった場合です。
ほかに、高齢者の場合では、筋力の衰えから歩くことが困難になり、排尿や排便の障害をきたすようになった場合も当てはまります。
坐骨神経痛の症状の緩和だけであれば神経ブロック療法などで効果が得られることが多いのですが、排尿障害などが出てくると、保存療法だけでは日常生活の快適さが損なわれてしまいます。

手術が必要なケースは、腰部脊柱管狭窄症が進行して次のような状態である場合です。
●足の痛みが強くなり間欠跛行が強まり、日常の動作ができなくなった場合
●筋力の低下によって歩行ができなくなった場合
●保存療法だけでは排尿や排便のコントロールができない場合

高齢の人では筋力の低下などから、若い人に比べて手術が必要な場合が増えているようです。
術後の回復が早くできるよう、リハビリにも早くから取り組めるよう、手術に使われる器具なども日々研究が重ねられ進歩してきています。
しかし、やはり手術を受けようと望むのであれば、メリットだけでなく、手術によるデメリットなども理解した上で受ける必要があります。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

手術の方法
基本的には、坐骨神経痛の治療は保存療法が中心となりますが、それでも症状が改善され......
手術前後に行なうこと
プチ整形など特殊な場合をのぞいて、どんな手術でも、簡単にその日に行って即受けられ......
腫瘍が原因の坐骨神経痛
症状の出始めはちょっとしたしびれや異変だったり、少し休むことで痛みが引いたり、我......
圧迫骨折が原因のことも・・・
坐骨神経痛の原因には腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが主だったものとして挙げ......
婦人科疾患が原因のことも・・・
女性の場合はさまざまな要因から腰や下肢に痛みを覚えることがあります。 それは子宮......
閉塞性動脈硬化症の場合
血管の疾患である閉塞性動脈硬化症によって、脊椎における疾患とは無関係に、坐骨神経......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。