手術の方法

基本的には、坐骨神経痛の治療は保存療法が中心となりますが、それでも症状が改善されなかった人は手術を決心するかもしれませんね。
そんなときのために、代表的な手術の方法をお話したいと思います。

スポンサードリンク

坐骨神経痛を治すには、それをもたらしている腰部脊柱管狭窄症を治すための手術を行なうことになります。
腰部脊柱管狭窄症の代表的な手術には、神経への圧迫を取り除くための椎弓切除術と、変形や異常な動きをしている椎間に対しその部分を固定する脊椎固定術があります。

●椎弓切除術
 全身麻酔をかけて、うつ伏せの姿勢で行なわれます。
 まず皮膚を切開してから、腰椎についている筋肉を丁寧にはがし、腰椎の背骨を露出させます。
 次に神経根を圧迫している椎弓や椎間関節、靱帯を切除していきます。
 腰椎椎間板ヘルニアを併発している場合には、ヘルニアも除去します。
 この手術で皮膚を切開する長さは6~10cmほどで、狭窄症を起こしている部分の数によって異なります。

●開窓術(部分椎弓切除術)
 基本的には上記の椎弓切除術と同じですが、開窓術では神経を圧迫している部分だけを中心に除去して、それ以外の部分は可能な限り残そうというものです。
 狭窄の範囲が限局されているときに用いられる方法です。

●脊椎固定術
 腰部脊柱管狭窄症に腰椎すべり症などが合併しているケースでは、椎弓を切除したあと腰椎が不安定になることがあるため、その部分に人工骨や削った骨を移植してから金属とボルトで固定します。
 手術後は2、3日ベッドで安静にしてから、コルセットを装着して歩行練習を始めます。

いずれも、手術後におこる生活の不具合などのデメリットを理解してから手術にのぞみましょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

手術を選択する場合
坐骨神経痛の原因として腰部脊柱管狭窄症が挙げられるのですが、これ自体は悪化しても......
手術前後に行なうこと
プチ整形など特殊な場合をのぞいて、どんな手術でも、簡単にその日に行って即受けられ......
腫瘍が原因の坐骨神経痛
症状の出始めはちょっとしたしびれや異変だったり、少し休むことで痛みが引いたり、我......
圧迫骨折が原因のことも・・・
坐骨神経痛の原因には腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが主だったものとして挙げ......
婦人科疾患が原因のことも・・・
女性の場合はさまざまな要因から腰や下肢に痛みを覚えることがあります。 それは子宮......
閉塞性動脈硬化症の場合
血管の疾患である閉塞性動脈硬化症によって、脊椎における疾患とは無関係に、坐骨神経......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。