手術前後に行なうこと

プチ整形など特殊な場合をのぞいて、どんな手術でも、簡単にその日に行って即受けられるものはありません。
坐骨神経痛の手術でも、もちろん術前にはさまざまな検査が行なわれます。

スポンサードリンク

入院前に、血液検査、尿検査、心電図、肺機能検査などを行ない、体調や隠れた合併症がないか、などを正確に調べます。
もし術前の検査で異常が見られると、それぞれの担当医師と手術が可能かどうか相談し、さらに詳しい検査を行なうことになります。
特に腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛の主な原因となる病気)の手術では、重い内科の病気を併発している場合は手術が延期されます。

手術のための入院をしてからも、全身のチェックや神経の検査をしてから手術となりますが、術前検査には、およそ1週間を要します。

手術後、退院するまでは栄養バランスのよい食事を摂り、軽い運動を行ないます。
術後の痛みで食欲がない場合は、点滴で栄養補給を行なう場合もあります。
手術後の痛みは普通2、3日続くことが多く、この間は鎮痛剤や、傷口からの感染を防ぐための抗菌薬が点滴されます。
退院するまでのあいだに、日常生活での正しい姿勢や立ち方、歩き方、座り方などの指導を受けます。

退院後は自己管理を続けながら、必要に応じてリハビリテーション科に通って理学療法を受けることもあります。
具体的なリハビリの内容は、各個人の回復度や術後の症状によって異なります。
主治医や担当の理学療法士から説明を十分に受けてください。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

手術を選択する場合
坐骨神経痛の原因として腰部脊柱管狭窄症が挙げられるのですが、これ自体は悪化しても......
手術の方法
基本的には、坐骨神経痛の治療は保存療法が中心となりますが、それでも症状が改善され......
腫瘍が原因の坐骨神経痛
症状の出始めはちょっとしたしびれや異変だったり、少し休むことで痛みが引いたり、我......
圧迫骨折が原因のことも・・・
坐骨神経痛の原因には腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが主だったものとして挙げ......
婦人科疾患が原因のことも・・・
女性の場合はさまざまな要因から腰や下肢に痛みを覚えることがあります。 それは子宮......
閉塞性動脈硬化症の場合
血管の疾患である閉塞性動脈硬化症によって、脊椎における疾患とは無関係に、坐骨神経......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。