婦人科疾患が原因のことも・・・

女性の場合はさまざまな要因から腰や下肢に痛みを覚えることがあります。
それは子宮内膜症や月経不順、冷え性、更年期障害など女性特有の疾患があって、それらが腰痛や坐骨神経痛を招くことがあるためです。

スポンサードリンク

子宮内膜症は、子宮の内壁からはがれ落ちた細胞が卵管を通って腹腔に移動して起こります。
この細胞は、骨盤壁や卵巣、卵管の表面などに移動し、増殖します。
子宮内膜症の女性の中には頻繁に痛みを訴える人もいれば、まったく痛みを感じない人もいます。
月経のある時期に悪化したり、月経周期に関係なく自然にあらわれては消えたりする場合もあります。
痛み方としては、下腹部、背中、直腸部での押されるような痛みが、膣周辺の筋肉や太もも部分に放射状に流れる、とよく言われます。
この痛みが坐骨神経痛と関係しているようです。
坐骨神経痛の原因が婦人科疾患であると判明したら、婦人科での治療を受けることになります。

また疾患ではありませんが、女性特有の経験(?)として妊娠、出産があります。
妊娠するとホルモンバランスの変化や大きくなるお腹を支えるために姿勢が変わり、腰痛や下肢の痛みが出てくる女性が多くいます。
急激に大きくなるお腹のために腰に負担がかかり、子宮に圧迫されて周辺の血液の流れがスムーズに行かないことも原因です。
この場合の痛みは妊娠期間の終了=出産することで解消することがほとんどです。
もしも慢性的な痛みになってしまった場合は、医師に相談して改善する必要があるでしょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

手術を選択する場合
坐骨神経痛の原因として腰部脊柱管狭窄症が挙げられるのですが、これ自体は悪化しても......
手術の方法
基本的には、坐骨神経痛の治療は保存療法が中心となりますが、それでも症状が改善され......
手術前後に行なうこと
プチ整形など特殊な場合をのぞいて、どんな手術でも、簡単にその日に行って即受けられ......
腫瘍が原因の坐骨神経痛
症状の出始めはちょっとしたしびれや異変だったり、少し休むことで痛みが引いたり、我......
圧迫骨折が原因のことも・・・
坐骨神経痛の原因には腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが主だったものとして挙げ......
閉塞性動脈硬化症の場合
血管の疾患である閉塞性動脈硬化症によって、脊椎における疾患とは無関係に、坐骨神経......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。