閉塞性動脈硬化症の場合

血管の疾患である閉塞性動脈硬化症によって、脊椎における疾患とは無関係に、坐骨神経痛と似た症状が出る病気があります。

スポンサードリンク

手足の慢性的な血流障害は、動脈の内側にどろどろした物質(血液中の過剰なコレステロールや中性脂肪)が沈着して血管の内膜が狭くなり、血液が流れにくくなり血栓ができて血管がふさがって起こります。
この病気は高脂血症や高血圧、糖尿病、肥満など生活習慣病と関係が深く、また喫煙やストレスなども原因のひとつと言われ、50歳以上の人に多く見られます。
特に糖尿病を患っている人では約10パーセントに閉塞性動脈硬化症が見られるので注意が必要です。

閉塞性動脈硬化症は全身に起きた動脈硬化が原因で、両足への血流が損なわれることで慢性的に血行障害を起こします。
血液が十分に流れてこないため、両足が酸素不足になり歩けなくなったり筋肉が痛んだりします。
症状が坐骨神経痛と似ていますが、坐骨神経痛では座ったり前傾姿勢で痛みが軽減されるのに対して閉塞性動脈硬化症では立ったまま休むだけで痛みがとれるのが特徴です。

閉塞性動脈硬化症は放っておくとどんどん動脈硬化が進んで血流がさらに悪化し、最悪の場合は酸素と栄養が不足して足が腐り始め、切断を要することもあります。
始めは両足の冷感やしびれ程度しか感じないため、つい見過ごしてしまうのですが、進行すると間欠跛行が出始めのちに激しい痛みと足先端の壊死が始まるというとても怖い病気なのです。

自己判断による治療で症状に改善がみられない場合は、早期に医師に相談する必要があるでしょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

手術を選択する場合
坐骨神経痛の原因として腰部脊柱管狭窄症が挙げられるのですが、これ自体は悪化しても......
手術の方法
基本的には、坐骨神経痛の治療は保存療法が中心となりますが、それでも症状が改善され......
手術前後に行なうこと
プチ整形など特殊な場合をのぞいて、どんな手術でも、簡単にその日に行って即受けられ......
腫瘍が原因の坐骨神経痛
症状の出始めはちょっとしたしびれや異変だったり、少し休むことで痛みが引いたり、我......
圧迫骨折が原因のことも・・・
坐骨神経痛の原因には腰部脊椎管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが主だったものとして挙げ......
婦人科疾患が原因のことも・・・
女性の場合はさまざまな要因から腰や下肢に痛みを覚えることがあります。 それは子宮......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。