バージャー病

バージャー病という病名は、あまり聞き慣れない名前かもしれません。
この病気も閉塞性動脈硬化症と同じように、脊椎に問題があるわけではないのに、坐骨神経痛と似た症状を起こす病気のひとつです。

スポンサードリンク

バージャー病は足の動脈が血栓でつまり、血液の流れが悪くなる病気で、国の難病の特定疾患に指定されています。
全国に約1万人いると言われる患者数のうち、90パーセントが男性だそうで、たばこを吸う20~40代の男性に多く発症している血管疾患であるため、喫煙が原因ではないかと言われていますが、確かなことはまだ研究中だそうです。

症状は足先がしびれたり冷たくなったりして、やがて歩行中に足が痛んで歩けなくなる間欠跛行があらわれます。
間欠跛行が起こるあたりは坐骨神経痛と似ているのですが、バージャー病の場合は放っておくと血液の流れが届かなくなり足は壊死して切断手術を必要とします。
また、手足の静脈が炎症を起こして、静脈の血管が赤く腫れて痛みを伴うこともあります。
症状が閉塞性動脈硬化症と似ているため、慎重に診断しなければなりません。

治療はまずたばこをやめて口腔内を清潔に保ちます。
そして血栓を溶かすために血流改善薬などを投与します。
重症の場合は、つまった血管に人工血管を移植するバイパス手術を行なうこともあります。
また血管を拡げるために交感神経をブロックすることもあります。
日常生活では手足の皮膚を清潔に保ち、皮膚を傷つけないように注意が必要です。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

自己判断で知る坐骨神経痛
最近、腰が痛いと思ったらお尻や足の痛み、しびれなどが出てきたけれど、これはもしや......
坐骨神経痛のタイプ
坐骨神経痛の治療には、薬やコルセット、神経ブロック療法、理学療法などに併せて、日......
高齢者に多い狭窄型の坐骨神経痛
「近頃、腰や足が痛むなぁ」「年のせいかなぁ」と感じている人も多いかと思います。 ......
間欠跛行とは?
間欠跛行とは聞きなれない言葉だと思いますが、どんな状態を言うのでしょうか。 坐骨......
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニアは20~30代の若い世代によく見られます。 お尻や足に不快なし......
坐骨神経痛って?
人間は中高年になると骨や筋肉、関節などからだを支えているあちこちの部分が衰え始め......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。