しびれの症状と予防

しびれというのは多くの人が経験したことのある感覚だと思います。
坐骨神経痛の症状として、下肢の痛みのほかにしびれもよくあらわれますね。
例えば正座をしていた足をほぐしたとき、腕に頭をのせたままうたた寝したあと、など、足や腕にしびれを感じた経験はほとんどの人があることでしょう。
これらのしびれは時間の経過とともに消えて、後遺症も残らないことから、特に心配する人もいないと思います。

スポンサードリンク

しかしこれが自分でしびれる原因も思い当たらないのに足がしびれ、いつまで経ってもしびれが取れないときなどは不安になってしまいますよね。
しびれと言っても感じ方は人それぞれさまざまです。
痛みの表現が難しいのと同じで、しびれを言葉で説明しようとしても、なかなか伝わりにくいものです。
ジンジンする、ピリピリする、とはよく聞く表現ですが、しびれによって触られても感覚が鈍くなって紙を一枚挟んで触れている感じだと表現する人もいます。
子どもに聞くと、正座の後の足のしびれを「足がパチパチする」という子もいます。
表現の仕方はさまざまですが、坐骨神経痛などが疑われて整形外科を受診する際に、しびれの感じ方について例えられる表現やどうするとしびれるのか、などをメモしておくとよいと思います。

正座をしていたとか、しゃがんでいた、などしびれる理由が明確な場合やすぐにしびれが治まる場合は心配することもありませんが、1日に何度もしびれがきたり歩行中にしびれてくるなどの症状が出たときには早めに病院を受診するようにしてください。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

体操とストレッチ(狭窄型の場合)
私たちは痛みを感じると自然に、痛みがやわらぐような動きをして対処しているものです......
体操とストレッチ(ヘルニア型の場合)
坐骨神経痛の原因として多いものに、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアがあります......
正しい姿勢で痛みは予防できる
高齢化社会を迎え、医療費を節約しなければならない現代、そうした世相も反映してか、......
家事で正しい姿勢を保つには
仕事で長時間同じ姿勢を強いられている人もいるでしょうし、家庭の主婦も何かと中腰の......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。