坐骨神経痛に使われる薬の種類

通常、坐骨神経痛は、保存療法で治療を進めながら経過を観察していきます。
保存療法には薬物療法、装具療法、温熱療法、運動療法などがあり、医師と理学療法士の指導のもと、症状にあった治療法を組み合わせて行ないます。

スポンサードリンク

坐骨神経痛の薬物療法に用いられる薬には以下のようなものがあります。

●末梢血管拡張薬
 もっとも多く使われているのがプロスタグランディンという薬で、この薬には血管の平滑筋を緩めさせて血管を拡げる作用があります。
 血管が広がることによって神経の血流がよくなり、痛みが軽減されます。

●消炎鎮痛薬
 痛み止めの薬で、多くの種類があり効き方に個人差があるので、医師が患者さんの症状を判断し、適する薬を処方します。
 一般的には非ステロイド系の鎮痛薬が処方されます。
 非ステロイド系とはいえ、長期間にわたって服用し続けると胃を荒らして胃潰瘍を起こし、吐き気や下痢などの胃腸症状や過敏症、発疹、肝障害などの副作用が起こることもあります。
 高齢者などでは副作用を避けるために坐薬も活用されます。

●筋緊張弛緩薬
 筋肉の緊張をやわらげる薬です。
 筋肉が痛むと反射的にその筋肉は収縮して凝った状態になり、凝りが長く続くと痛みも強くなるという悪循環を起こさないように使われ、消炎鎮痛剤と一緒に使うと効果が上がります。

●ビタミンB12
 ビタミンB12には血液中の赤血球を増やし、傷ついた神経組織を障害から回復させる働きがあるとされています。

そのほか、漢方薬を服用している人もいます。
坐骨神経痛の原因である腰部脊柱管狭窄症の治療には牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、八味地黄丸(はちみじおうがん)などの漢方薬が有効とされています。
しかし漢方薬は服用した患者さんの主観による効果報告が多く、客観的なデータがなかなかとれていないのも実情です。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

坐骨神経痛の治療 装具療法
坐骨神経痛の原因が腰部脊柱管狭窄症であった場合は、治療によって坐骨神経痛が改善さ......
坐骨神経痛の治療 温熱療法
腰痛や坐骨神経痛は日常生活と密接な関わりがあるため、普段の暮らしの過ごし方に、よ......
坐骨神経痛の治療 牽引療法
坐骨神経痛などの場合は、普段の生活の中で姿勢や動作に気をつけ、運動やストレッチを......
ヘルニア型坐骨神経痛での禁止事項
お尻や足の痛み、しびれを感じるとき、まず坐骨神経痛を疑いますが、何が原因で坐骨神......
合併型の坐骨神経痛の場合
慢性的な腰の痛みや不快感に日々悩まされていても、少し休むと痛みが治り、まだ生活に......
神経ブロック療法
坐骨神経痛は地味に、しかし確実に多くの人の生活をおびやかしています。いろいろなサ......
神経ブロックの種類
何か外科的な手術を行なうとき、手術中の痛みから解放させるために麻酔をかけますよね......
腰椎椎間板ヘルニアの保存療法について
坐骨神経痛の治療には主に手術以外の方法である保存療法が行なわれます。 特に腰椎椎......
補完代替療法とは?
まずこの痛みを取り除きたい、坐骨神経痛に悩む人の望みは、それに尽きるでしょう。 ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

坐骨神経痛を知りたい!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zakotsu.jf810.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。